< 導入事例 3 >



■水道飲料水配管(赤水)対策

水道飲料水配管は水道水中の塩素、水道使用頻度、異金属管の電位差,経年変化などの要素により腐食して来ます。特に水道配管は亜鉛被覆配管を使用しているために亜鉛皮膜が劣化し、水道水に亜鉛が溶解して来る腐食初期状態を経て、劣化亜鉛皮膜が各所で溶解し、配管の鉄地肌が露出して腐食する腐食中期を迎えます。この時期は水質分析を行うと亜鉛と鉄が同レベル検知され、色度や濁度も悪化して来ます。次の時期は完全に劣化亜鉛がなくなり、腐食した鉄ばかりが水質分析に検出され、水に赤い色が付く赤水状態が激しくなり、数分間蛇口を開放しても透明にならない腐食末期に突入します。この状態は配管の各所から水漏れが発生し、天井や床から水が漏りだしても不思議でない時期です。VIC-BSCはこの状態の配管を高額な交換を行う事なく、どこよりも早く確実に対策します。

VIC-BSC設置前の洗面所蛇口
蛇口を数分間開いて置いても赤い色の水が溜まり、配管内から腐食鉄が水に溶解している状態が止まらない。フラッシュ撮影をしても水は荒く乱反射しない。
VIC-BSC設置後の洗面所蛇口
VIC-BSC設置後、水に溶解していた鉄分が発生源の腐食部自体が改善され、水が微細化するので鉄分が水に溶解できず、フラッシュ撮影をすると水の微細化で乱反射が激しく、水の透明度が増し、弱アルカリイオン水に変化しました。



■VIC-BSC設置イメージイラスト 



< 飲料水赤水対策に関して >  
  1. 設置後各室の水は出切る限り使用頻度を増やして下さい。使用しない蛇口はVIC-BSC効果が出ません。
  2. 既設設置の場合は、水質分析用の朝1番水を10日毎に採水する同時に、蛇口開放から赤水が消える所要時間を測定してください。次第に時間が短くなります。
  3. 塩素の臭気が配管改善と共に薄くなり、まろやかな水道水に代わります。
  4. 配管の腐蝕部を示す亜鉛、鉄、そしてバクエリアの増殖を表す亜硝酸性窒素が数値を上下動させながら、改善後は0数値に安定します。
  5. VIC-BSC効果は上部階から効果が出て、次第に下層階へと移行します。
  6. 給湯器や風呂釜内の嫌気性バクテリアが死滅しますので、湯垢状のバクテリアが一時浴槽内に出る事が有ります。
  7. すべての蛇口からマイナスイオン水が大量に流れ出します。風呂はイオン温泉になり、健康、美容に効果が出ます。
  8. 給湯器や風呂釜の腐蝕防止も効果が出るので、延命期間が大幅に延長されます。
  9. 排水管の悪臭や詰まりは嫌気性バクテリアの増殖が原因ですが、10日間で死滅するので、詰まりや悪臭が解消し、以後は発生しません。
  10. 風呂のタイル、トイレの便器、流しシンクなども汚れが落ち、汚れにくくなります。
  11. 飲料水配管の腐蝕はすべて改善され、以後、腐蝕の問題は発生しません。
 
事例4へ

      PDFでもご用意しています。 資料はPDFファイルでもご用意しています。

       VIC-BSC資料簡易版(2.97 MB  VIC-BSC資料詳細版(2.41 MB)

 
Copyright (C) 2008 Victory Co.,Ltd. All Rights Reserved.